30代女性のあごニキビの原因は?

30代の女性の場合、ニキビはだんだん、あごの付近に出るようになるそうです。

 

その理由は2つ!

 

 

@加齢とともに、あごの辺りの皮膚がたるんでくるから

 

A社会的ストレスから男性ホルモンが優位になり、あごの周りのアブラの分泌が増加する傾向にあるから

 

 

間違ったお手入れでさらに悪化…

あごニキビをさらにこじらせるのが「間違ったお手入れ」です。

 

 

アブラ落ちのいい洗顔フォームを使い、そのうえオイルクレンジングをすることで、徐々に角質層が厚くなってしまいます。

 

しかも、化粧を取り去ったはずのオイルは、すぐに酸化して皮膚内に残ります。

 

こうしてニキビがどんどん増えてしまいます。

 

 

 

また、生理不順とともに、食生活の乱れによるビタミン不足や便秘がニキビをさらに悪化させてしまいます。


どんなセルフケアをすればいいの?

30代のあごのニキビは、顔全体としては皮脂の分泌は減っているので、ピーリング剤のローションなどをあごなどに部分的に使います。

顔を洗うときは、洗浄力が弱い固形石鹸を使うことが重要です。

 

洗顔フォームはさけたほうがベターです。

 

 

また、頬などの乾燥する部分には保湿をしっかり行いましょう。

 

 

さらにクレンジングは乳液タイプやオイルタイプはやめて、ジェルタイプのものに切り替えた方がベターです。

 

 

30代女性に人気の洗顔石鹸ランキング
http://agononikibi.xyz/category8/

ここがポイント!

胃や腸が荒れると免疫力が低下し、ニキビができやすくなります。

 

また、ストレスの多い生活はニキビを悪化させます。

 

ストレス解消に運動などを行うのも大切です。